リハビリ専門学校で取得できる資格について

リハビリ専門学校

"リハビリ専門学校は、身体や心に障害を持つ人の機能回復、または社会生活へ復帰するためのリハビリテーションをサポートするスペシャリストを養成するための学校です。 リハビリ専門学校には、昼間部と夜間部があり、夜間部なら、昼間会社に勤めている社会人も入学することができます。リハビリ専門学校で取得できる資格ですが、代表的なものに「理学療法士」と「作業療法士」の資格があります。 理学療法士と作業療法士の違いですが、どちらも医療や福祉の分野で活躍する職業になります。理学療法士が運動療法や物理療法を用いて身体の機能回復のためのリハビリを行うのに対して、作業療法士の方は、食事や入浴などの日常生活の介助を通して心と身体のリハビリを行います。理学療法士の方が医療の傾向が強く、作業療法士は福祉的な関わりをすることになります。 資格取得後の勤め先はそれぞれ異なっており、理学療法士が総合病院や一般病院などの医療の現場に就くのに対して、作業療法士の方は、老人保健施設や障害者福祉施設といった福祉系の施設に勤める人が多くなっています。しかし、同じ病院で働いている理学療法士と作業療法士が、チームを組んで患者さんのリハビリを行うことも少なくありません。 理学療法士と作業療法士が共に活躍できる現場はたくさんあります。両方の資格を取得している人もいて、兼任することも可能です。片方の資格を持っていると、もう片方の資格を取る際に学校の単位が免除されます。"